スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しいですなぁ・・・

前回の更新から既に1ヶ月以上過ぎてしまいましたが、この間、釣りに行っていないのかという話ですが
実は全くの逆で、週末は欠かさず出撃していましたw
じゃあ、なんで書かないんだよ?って・・・まぁ・・なんというか、日付が違うだけの同じ内容書いても
しょうがないかな・・・と思ったわけです。

実際、8月の第一週までは遠賀川上流に出撃して45~48cmが一本と42cm前後が4~6本という結果でしたから
もうこれ以上はいいだろう。と、まぁ、そんな感じだったんですね。
で、ここからは先は書くべき内容だったとは思ってます。うん、この辺りは面倒だったんです。すいません(汗

8/1まではそれなりにバイトはありました。夕まずめに行けばノリは悪かったんですが、バイト自体は通常と遜色ない数ありました。
ところが8/7辺りから一気にバイト数が減少。具体的には半分以下に・・・。そしてお盆に入ってから決定的に釣果が落ちました。
いつもの堰を攻めてもシェードから一本36~37cmのサイズを抜いただけで、後は続かずそれっきり。
以前のように魚の入れ替わりが無い・・・と言う感じでしょうか。居るけど喰わないというより、そこに居ない感じがします。
居れば着水バイトで丸呑み状態で釣れるので、渋い訳ではないようです。
辺りを見ても釣れてる感じはしませんし、この場所は美味しい時期を過ぎたのかもしれません。
で、今度は別の場所に活路を見出そうと遠賀川を見切って頓田貯水池へ。
頓田も結構減水してまして、前に来た時より50cmは水位が下がってるようです。減水で露出した岬の上を歩き、先端から数投。
あっという間に一本ゲット。さすがにサイズは40には届きませんが、元気のいいやつが上がってきました。
おぉ・・・こりゃ結構いいかもしれませんよ?
その後、一時間ほどで4本追加。友人との約束があったので4本目で撤収しましたが、粘ればまだ数は伸びたような気がします。
こりゃ、これからは川より池かなぁ・・・。

そしてこの2日後N氏と再び遠賀→頓田コースで出撃。遠賀は数は出なくなりましたが、出ればサイズが期待できるので、朝一勝負でなんとか・・・と思ったんですが、結果は散々。
N氏が一本のみで私は1バラシ。元々数は期待してませんでしたが、それでも一番で入れれば2~3本は獲れると思ったんですがねぇ・・・。いよいよ厳しい感じです。

頓田は一昨日の実績もあるので、ここで挽回と思いきや、同じように攻めても全然反応が無い・・・。(汗
あれだけ釣れた岬先端も全くダメ。次に入ったシェード絡みも不発。なんでここで出ないんだ?と不思議に思ってると日当たりの良い方で釣ってたN氏が一本追加。えーーーー!?なんでそっちで?(汗
なんとなく本日BOZEな香りが漂ってきます。
そして最後に入った場所。大北亭の辺りですが、ここで決定的な明暗が分かれます。見た感じN氏の場所と私の入った場所に差は無いような感じでしたが、N氏はポツポツと釣れ続くものの、私は入った直後に出た一本のみ。ギルの反応すらありません。
撤収時刻が迫る中、ウロウロ歩き回ってなんとか終了間際に更に一本追加しましたが、結局この日は私が2本、N氏は5本で終了となりました。

この悲惨な結果のお盆が終わった週末、今度は単騎で頓田へ出撃。
前回の釣果の違いとなった原因は何だったのか?これはきっちり検証しておく必要があります。
まずはN氏は入った場所。JHで出たと言う話だったのでまずはソレでいってみます。
フォールで喰うことが多かった・・・ということでしたが、なんか妙に浅い感じ。ラインスラックを取ったら
もう着底してる・・・。
ぬーーーーん・・・。こんなだったんかな???なんかちょっと違うような気が・・・。
なんだか妙な感じがしましたが、それでも10分ほどで一本捕獲。ギルのバイトも頻繁です。
ここで20メートルほど移動して前回私が釣った場所で同じように釣ってみるも、全く反応無し。バスは勿論ギルも居ない感じ・・・。20分ほど色々やってみましたがダメだったので、また元に戻って釣ってみるとやっぱりギルのバイト多数でバスも更に2本追加。ぬう・・・何が違うんだろ・・・?
ズレたワームを戻してる時、ようやく違和感の原因に気が付きました。
あれ?なんかJHのシンカーが小さいような・・・ってこれ1gのやつか!?
なんだか飛ばないなー・・と思ってましたが、そういうことか。
ここでいつもの2.5gにチェンジ。これでキャストした先はそれなりに水深があります。
ここでフォールで喰ってたのか・・・・。
そこから更に探っていくと見事なブレイクラインが存在するようです。
これか・・・これが決定的な差になったのか・・・とか考えてるとギルとは違う反応が。
寄せてくると結構なサイズのバス・・・・こりゃ抜き上げるはちょっと無理っぽい(汗
普通に手が届く高さでもないし、降りられないし・・どうしよ(汗
しょうがないので、リールをフリーにしてロッドを放り出し、ラインを掴んで腹ばいになり、ギリギリまで魚を持ち上げて何とか手が届きました。
よかった・・届いて。
08210001_convert_20100830210934.jpg

計測すると45cmの良型・・・かなぁ?お腹凹んでますけど。やっぱり地形は重要なんですね・・・。
この後、またもうひとつの場所に移動してもう一度同じように沖を確認しましたが、やはりブレイクラインは存在せず、ただの遠浅になってました。もしかしたらもっと更に沖にはあるのかもしれませんが・・・。
ライトリグの射程には無いようですな。
今後はこの辺りにも気を配る必要がありそうです。

スポンサーサイト

テーマ : バスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BOSE

Author:BOSE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
タイドテーブル
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。